なにか食べさせてください
僕の作った料理の紹介。僕の読んだ本の紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死ねばいいのに
死ねばいいのに死ねばいいのに
(2010/05/15)
京極 夏彦

商品詳細を見る


iPadの電子書籍で話題の、京極夏彦『死ねばいいのに』。

個人的に電子書籍は嫌いです。
ためしにiPadで何冊か読んでみましたが・・・ダメでした。
激しいストレスを感じましたよ。やっぱ本は紙がいいです。



さて、本作、予備知識ゼロで読みましたが、予想とまったく違いました。

『厭な話』はひたすら「厭」な話が続くというものでしたが、
『死ねばいいのに』は「死ねばいい」と思う話ではないです。

ストーリーはいたってシンプル。
殺人事件の被害女性アサミの「知人」であるケンヤ。
彼は生前のアサミがどんな女性であったのか、アサミの関係者に聞いて回ります。

視点はケンヤの訪問を受ける「アサミの関係者」たち。
アサミの愛人、隣人、母親など。

彼らは何かしら不満を抱えていて、周囲からの不当な扱いに憤りを感じています。
彼らはいかに自分が不幸で、評価が不当であるかを滔々と語ります。

ケンヤはそれに対して

そんならさ

「――― 死ねばいいのに」

不満しかなくてそれに我慢が出来ないんなら死ぬしかないじゃん

というわけです。

それ言われた「アサミの関係者」が何かしらのリアクションをとっておしまい。

型にハマった大人の理論 VS 愚直なガキの思ったこと(笑)

それを6人分読めます。

あ、もちろん最後に犯人はわかりますよ。
スポンサーサイト

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 なにか食べさせてください all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。