なにか食べさせてください
僕の作った料理の紹介。僕の読んだ本の紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陰陽師
陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫)
(1991/02)
夢枕 獏

商品詳細を見る


今さらですが、去年末くらいから読み始めました。
夢枕獏『陰陽師』シリーズです。
1冊ずつ気が向いた時に読んでるので全巻読むのに時間がかかりそうです。
急いで全巻読むのはなんだか勿体ないかな。
この本はゆっくりしたペースで読むのが適してる気がします。

この人の作品は『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』が大好きです。
空海と橘逸勢の掛け合いがとても好きでした。

そしてこの『陰陽師』も安倍晴明と源博雅の掛け合いがすごく素敵。
とくに源博雅のキャラクタが好き。どこまでも正直な男です。

また、物語が静かで綺麗です。
鬼が走り回って人間の首をもいだり、腹を踏みつぶしたり、もちろん食べたり、人が人を呪いで殺したり、気味の悪い妖怪が跋扈したりするのですが、
なぜか常に静けさというか、しんみりとした感じというか、そういったものが漂っています。
不思議だなぁ。

しんみりとしたい人は是非。
スポンサーサイト

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 なにか食べさせてください all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。