なにか食べさせてください
僕の作った料理の紹介。僕の読んだ本の紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厭な小説
厭な小説厭な小説
(2009/05/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る


忙しいとかなんとか言っている僕ですが、本を読む時間はあります。
通勤時間は長いし、職場に泊っても寝る前に読むのです。
こんなことやってるうちは本当には忙しくないんでしょうね。

というわけで、今回も読書記録です。

京極夏彦 『厭な小説』


京極夏彦は好きな作家さんです。もう、すごく、好き。
シリーズ物は日々新作を心待ちにしております。
僕の好きなのは、ベタですが、百鬼夜行シリーズ。
さらにベタですが、百物語シリーズ。
メジャーな日本の怪談を京極夏彦が独自に書きなおした
『嗤う伊右衛門』(四谷怪談)とか、『覘き小平次』(復讐奇談安積沼)とかも好き。
『数えずの井戸』(番町皿屋敷)も単行本化を楽しみにしてます。

何が言いたいかといいますと、とにかく好きです。
無条件に、盲目的に。


というわけで、『厭な小説』です。

厭な話の連作となっています。

怖いとか、気持ち悪いとか、悲しいとかではなく、

ただただ厭です。

厭で厭で、仕方がない。

救いがない。

読後の感想は「なんて厭な気分にさせてくれんだ」です。

厭な気分になりたい人におススメ。
スポンサーサイト

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 なにか食べさせてください all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。