なにか食べさせてください
僕の作った料理の紹介。僕の読んだ本の紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三国志
文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本
(2002/12)
北方 謙三

商品詳細を見る


久々に読書感想文。

以前にも穴埋め程度に書きましたが、ちまちま読みつつ読み終わったので。
仕事が忙しくても本読みはやめられませんな。

北方三国志を読むのは3回目。吉川三国志も入れれば計6回目くらいです。長いのに。

それだけ読めば内容を覚えちゃって飽きるでしょう…というようなものですが、
ぜんぜん飽きませんよ。

群雄割拠の前半~中盤は漢たちの生き様がアツいです。
曹操しかり、劉備しかり、孫堅しかり。呂布も周瑜も関羽も張飛も趙雲も輝いています。

後半になると曹操も劉備もみんな死んでしまって諜略や暗殺や内部での確執など、
輝きよりも鬱々としたものが目立ってきます。

そのなかでただ一人英傑たちの持っていた輝きを失わない孔明。

圧倒的不利な中、幾度となく魏に攻め込み勝利をつかみかけるも、
裏切りや、愛弟子の軍令違反などで勝ち切れない孔明。
負けることはわかっていてもその怒涛の鬼謀術数には手に汗握るものがあります。
負けることはわかっていても勝ってくれと結末が変わることを祈ってしまいます。

そして悲運の中死んでいく孔明。泣けます。

漢たちの生きざまを見よってやつですよ。
スポンサーサイト

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
こんばんは
三国志は横山光輝の
マンガを見ただけで
小説は読んだことないですね。

最近三国志流行ってますね。
マンガにアニメに映画と。

この流行に乗って小説も
読んでみようかな。
2009/09/12 (土) 18:37:33 | URL | ダックテール #-[ 編集 ]
コメントありがとうございます
>>ダックテールさん
横山光輝三国志はバイブル的存在ですからね。
吉川英治なんかは三国志を書く際に横山光輝三国志を読み込んだとか。
僕の周りには横山光輝三国志ファンがいます。

流行ってますねぇ三国志。ゲームにもなってますし。
三国志占いとか検定とかもあるそうです。

読んでみて損はしませんよ。
2009/09/13 (日) 01:31:14 | URL | 犬左衛門 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 なにか食べさせてください all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。