なにか食べさせてください
僕の作った料理の紹介。僕の読んだ本の紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダブルダウン勘繰郎 トリプルプレイ助悪郎
ダブルダウン勘繰郎 トリプルプレイ助悪郎 (講談社文庫―西尾維新文庫)ダブルダウン勘繰郎 トリプルプレイ助悪郎 (講談社文庫―西尾維新文庫)
(2010/01/15)
西尾 維新

商品詳細を見る


西尾維新『ダブルダウン勘繰郎トリプルプレイ助悪郎』
タイトルに惹かれて買ってしまいました。

ちなみに僕の好きな本のタイトル第一位は『独白するユニバーサル横メルカトル』です。
『夢・出会い・魔性(You may die in my show)』も捨てがたい。

さて『ダブルダウン勘繰郎トリプルプレイ助悪郎』ですが
こちらは清涼院流水のJDCシリーズのトリビュート作品となっています。

JDC
Japan Detectives Club
日本探偵倶楽部
最高峰に優秀な探偵たちの組織です。
九十九十九や龍宮城之介などの探偵が所属します。
とかいってもこのシリーズ『コズミック』『ジョーカー』の2冊しか読んでいないのであんまり書けません。
(その二冊ともとんでもない内容でしたけど・・・個人的には好き)

なのでその辺は割愛。


というわけで『ダブルダウン勘繰郎トリプルプレイ助悪郎』の話。

この本は『ダブルダウン勘繰郎』と『トリプルプレイ助悪郎』の二本立て。


『ダブルダウン勘繰郎』
探偵を志す者と、かつて探偵だった者と、かつて探偵を志した者の話。
うーん。簡単にいてしまえばライトノベルです。特に感想なし。
強いて言えば「虚野勘繰郎(むなしのかんぐろう)」って名前が好き。


『トリプルプレイ助悪郎』
こちらもライトノベル的ですが、個人的にはこっちの方が好き。
泥棒の助悪郎。
一度の盗みで三人殺す。三重殺の案山子(Scarecrow)。
その助悪郎から、とある屋敷に予告状が届く。
「髑髏畑百足(どくろばたけむかで)の遺稿を頂戴仕る」的な。
そこに赴くJDCの海藤。
髑髏畑百足の遺稿と殺される誰か3人の命を守ることができるのか。

解答編がバレバレなのが残念です。
でも「どくろばたけ」という謎の名前がすき。


あんまりおススメではないです。
スポンサーサイト

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2017 なにか食べさせてください all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。